頬,毛穴,たるみ

頬の毛穴がたるむ原因

頬,毛穴,たるみ

頬の毛穴がたるむ原因と、今すぐできる最強の改善方法を紹介します。

 

年齢を重ねるとともに肌の悩みはどんどん増えてきますよね。今まで気にならなかったのに毛穴が目立つようになってきた...。

 

加齢によって肌がたるんでくると、毛穴までたるんで伸びてしまうんです。

毛穴たるみとは

頬,毛穴,たるみ

主に小鼻の脇から頬で目立つことが多く、毛穴が縦に広がった毛穴のことを毛穴たるみといいます。

 

加齢によってたるんだ肌に引っ張られるようにして毛穴が拡がってしまった症状です。35歳を過ぎたあたりの人に多く見られますが、20代後半の人でも目立つこともあります。

 

また毛穴たるみは「ミカン毛穴」と呼ばれることもあります。毛穴の周りが凹み、ボコボコした感じがするので、ミカンの皮のように見えるんです。ミカンの皮を想像すると、どんな肌の状態なのかイメージしやすいですね。

 

そんな毛穴たるみが出来てしまう原因は主に6つあります。

  • コラーゲン・エラスチンの減少
  • 冷え・血行不良
  • 紫外線によるダメージ
  • 睡眠不足
  • 脂っこい食事
  • 男性ホルモンの影響

 

コラーゲン・エラスチンの減少

肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からできています。皮膚を支えているのが真皮層。

 

真皮層にはコラーゲン、エラスチンという線維状のタンパク質や、水分を蓄えるゼリー状の
ヒアルロン酸があり、ハリや弾力を保つ役割をしています。しかし、これらの成分は年齢を重ねるとともに減少してしまうんです。

 

そのため肌の土台が緩み、皮膚がたるむのと同時毛穴も引っ張られ、毛穴たるみとなってしまいます。

 

冷え・血行不良

女性は冷え性の人が多いかと思います。そんな冷えや血行不良も毛穴たるみの原因となるんです。

 

冷えや喫煙などの影響から肌は血行不良の状態になります。血行不良の肌には酸素や必要な栄養素が十分に行き届きません。

 

そうすると肌のターンオーバーが滞り、古い角質が肌表面に留まっていくので、肌のたるみにつながってしまいます。

 

 

紫外線によるダメージ

頬,毛穴,たるみ

肌の老化の原因は80%が紫外線によるダメージとも言われています。紫外線によって肌がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンを破壊する酵素が発生します。

 

肌のハリを保つコラーゲン、エラスチンが破壊され減少することで、肌のハリが失われ、毛穴たるみができてしまうんです。

 

年齢とともに回復が難しくなるので、紫外線には十分注意が必要です。

 

睡眠不足

生活習慣の乱れも毛穴たるみにつながります。

 

肌の生まれ変わりに必要な成長ホルモンは睡眠中に分泌されやすくなります。慢性的な睡眠不足は、成長ホルモンが十分に分泌されない状態の肌を引き起こし、肌のターンオーバーを崩す原因になります。

 

脂っこい食事

近年食事が欧米化傾向になってきて、脂っこい食事をとる機会も多いかと思います。脂っこい食事やお菓子が好きな人、野菜不足の人は、皮脂が多く分泌されることで毛穴が押し広げられ、毛穴たるみになりやすいです。

 

また酸化した皮脂のつまりが、毛穴を大きくする原因の1つです。

 

男性ホルモンの影響

男性ホルモンが多い人は皮脂腺の発達が活発になります。そのため脂っこい食事同様に、皮脂の分泌量が多くなり毛穴が押し広げられ、毛穴たるみの原因になります。

 

男性ホルモンは女性でも持っているものですが、分泌が多くなると薄く髭が生えてくるなどの男性化が始まります。女性ホルモンを減らさないよう、睡眠不足や脂質の多いものばかり食べないようにしましょう。

頬の毛穴たるみを改善する4つの方法

今すぐ簡単にできる毛穴たるみを改善する方法を3つ紹介します。

 

1.紫外線から肌を守る

頬,毛穴,たるみ

紫外線ダメージは肌のハリを保つコラーゲン、エラスチンを破壊します。毛穴たるみを改善するには今あるコラーゲン、エラスチンを大切にすることが重要です。

 

紫外線対策をするのと、しないのとでは数年後の肌の状態を左右しまよ。

 


2.十分な睡眠とバランスの良い食事

十分な睡眠をとることで成長ホルモンが十分に分泌され、血行が良くなります。

 

血流が良くなることで、食事で補った栄養素が肌の隅々まで行き渡り、たるみを防ぐことができます。

 

また肉や魚などのタンパク質と、抗酸化作用の高い緑黄色野菜をとることも大切。タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、緑黄色野菜から摂取できる抗酸化ビタミンを同時に取り込むことで、コラーゲン生成の原料になります。

 

抗酸化成分は肌の老化の原因となる活性酸素の発生や酸化を抑えたり、活性酸素によるダメージを修復する効果も期待できます。

 

抗酸化作用の高いもの ニンジンなどの緑黄色野菜、アボカド、トマト、バナナ、大豆製品、にんにく、しょうが、無塩ナッツ、ブルーベリー、イチゴ、リンゴ、みかん、カカオ、赤ワイン、緑茶、ルイボスティー、ココナッツオイル、ごま、鮭

 

表情筋のストレッチ

毛穴たるみは肌全体のたるみによって引き起こされます。毛穴たるみの改善には、肌全体のたるみを改善することが効果的。

 

そこで顔の表情筋を鍛えるストレッチがおすすめです。表情筋は皮膚に直接ついているので、ここを鍛えることで顔全体のたるみは改善されます。またストレッチによって血液循環促進や新陳代謝アップ効果も期待できます。

 

マッサージも顔全体のたるみ改善には効果的ですが、過度のマッサージは逆に肌のたるみの原因になってしまうので注意して下さい。強すぎるマッサージや、皮膚を引っ張ったりしてしまうと、逆に肌への負担になってしまいます。

 

毛穴専用の化粧品を使う

頬,毛穴,たるみ

毛穴たるみを改善するのに、毛穴専用の化粧品を使うのもおすすめです。

 

毛穴たるみに効果が期待できる化粧品は、ビタミンC誘導体が配合されているものです。

 

ビタミンCには

  • コラーゲンの生成促進
  • 抗酸化作用
  • 皮脂分泌のコントロール作用
  • 新陳代謝促進

などの効果があります。

 

 

コラーゲンの生成を促進することで肌のハリや弾力をよみがえらせることができます。また、抗酸化作用があるため、活性酸素の働きを抑制し、コラーゲンやエラスチンを保護することで、たるみやしわの改善が期待できます。

 

毛穴が拡がる原因になる余分な皮脂をコントロールする作用も。

 

 

頬の毛穴のたるみは20代でも起こる

若いから毛穴のたるみは大丈夫と思っていませんか?実は20代でも毛穴たるみは起こるんです。

 

20代の毛穴たるみの原因は

  • スマホのやり過ぎ
  • 紫外線の影響
  • 間違ったスキンケア
  • マッサージのやり過ぎ

 

 

日頃スマホの画面を見るために、下を向いた状態になっている時間が増えています。下を見続けていると頬やあごの肉がたるんでしまいます。頬がたるむと、毛穴たるみにつながります。

 

また年齢にかかわらず、紫外線の毛穴たるみへの影響は大きいです。20代のうちからしっかり紫外線ケアすることが大切。

 

間違ったスキンケアや、マッサージのやり過ぎも毛穴たるみの原因。小顔にしたい一心でマッサージをやり過ぎていませんか?マッサージをやり過ぎると、逆に肌のたるみを引き起こしてしまいますよ。

 

20代の毛穴たるみは老化が原因ではありません。早いうちにしっかりケアすることで、本来のキレイな肌を目指せます。

 

レーザーで頬の毛穴たるみは治る?

毛穴たるみを解消する方法にレーザー治療もあります。レーザー治療では、化粧品では届かない真皮までアプローチできます。

 

そんなレーザー治療にも、デメリットとメリットがあります。

 

レーザー治療のデメリット

  • 赤み・かさぶたがでることも
  • お金がかかる
  • 痛みを感じることも

 

痛みの感じ方にはもちろん個人差はありますが、レーザー治療は肌に刺激を加えるので多少の痛みは出ることがあります。

 

また、レーザー治療にはダウンタイムが必要です。レーザー治療の種類にもよりますが、10日程かかるものもあります。肌がひりひりと赤くなったり、小さなかさぶたが出ることも。

 

1番のデメリットは費用が高いという点です。自分での毛穴ケアと比べると、かなり高い方法となります。1度治療を受ければ、永遠に効果が続くというものではないので、継続してレーザー治療を受けるにはかなり費用がかさみます。

 

レーザー治療のメリット

  • 効果が抜群
  • 美肌になれる

 

レーザー治療のメリットは、何と言っても効果を実感できること。化粧品では届かない真皮までアプローチできるので、肌を根本から改善できるため、高い効果が出やすいです。

 

 

またレーザー治療は肌の再生を促すので、アンチエイジングにも効果があり、美肌へ導きます。

 

 

頬の毛穴たるみ※化粧品の選び方

頬の毛穴たるみを解消するにはどんな化粧品を使ったら良いのか?化粧品の選び方のポイントを4つ紹介します。

 

1.ハリ効果がある成分を選ぶ

毛穴のたるみ、ひらきをケアするには、肌の弾力を生み出すサポートが重要です。コラーゲンの生成を促す「ビタミンC誘導体」、ターンオーバーを整える働きが期待できる「レチノール」などが配合された化粧品がおすすめです。

 

2.高保湿なものを選ぶ

高保湿な化粧品でしっかり保湿することで、肌にハリが出て、毛穴も目立ちにくくなります。うるおいをキープしてくれる成分には、セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア・コラーゲンなどがあります。

 

3.肌の老化を防ぐ成分が配合されているものを選ぶ

肌のたるみの原因の1つに、酸化があります。老化を引き起こす活性酸素を抑制する働きが期待できる成分に、ビタミンC誘導体・ピクノジェノールなどがあります。

 

4.2ヶ月は続けられるものを選ぶ

新しい化粧品に変えると、すぐ効果を期待してしまいますよね。でも肌のターンオーバーは年齢によって周期は違いますが、効果を確かめるには1〜2ヶ月は必要です。

 

無理して高い化粧品を選んでしまうと、続けることが難しくなります。毛穴たるみの解消に重要なのは続けること。自分に合った化粧品を選んでくださいね。

 

毛穴のたるみにおすすめの化粧品

頬,毛穴,たるみ

毛穴のたるみにおすすめなのが、ビーグレンの毛穴セットです。ビーグレンと言えば濃厚なビタミンCが人気です。毛穴の引き締めやたるみのケアになると30代後半〜50代の女性からも毛穴セットは好評です。

 

ビーグレンはカリフォルニア大学のケラー博士が、医薬に使われてきた浸透テクノロジーQuSomeRを採用して開発したスキンケア商品です。

 

肌悩み別に細かくセットが分かれていて、30代後半〜50代の毛穴がたるみやすい女性から毛穴セットが人気です。

 

セット内容
洗顔:クレイウォッシュ
化粧水:QuSomeローション
美容液:Cセラム
保湿:QuSomeモイスチャーゲルクリーム

 

頬,毛穴,たるみ

頬の毛穴は乾燥すると目立つ

頬,毛穴,たるみ

頬の毛穴が目立つ原因は、毛穴のたるみの他に「乾燥」があります。肌が乾燥してうるおいを失うと、キメが乱れて毛穴が目立ちます。

 

特に頬は皮脂の分泌が比較的少なく、乾燥しやすい部分です。乾燥による毛穴の目立ちを解消するためには、しっかり保湿することが大切です。

 

化粧水を選ぶときは粘度が少ない、サラサラしている浸透しやすいものを選びましょう。

頬の毛穴がたるみやすい人

頬の毛穴がたるみやすい人はこんな人です。

 

  • 食事が油分多め
  • 睡眠不足が続いている
  • 肌が乾燥している
  • 汗っかき
  • ニキビができやすい

 

毛穴が開きやすい人はたるみやすくなってしまうので、お風呂上りに冷やしたシートパックをするなどして引き締めに力を入れるといいですよ。

 

頬の毛穴たるみ【まとめ】

頬の毛穴のたるみは放っておいても解消しません。毛穴がたるむと肌の凹凸が目立ってしまうのでしっかり保湿して、できればビタミンCが濃厚な化粧品を使用してくださいね。

 

毛穴は年齢が上がるほど引き締めにくくなってきます。化粧品でも改善できないときは皮膚科のレーザーしかありません。

 

毛穴が気になりだしたら早めに化粧品でケアすることをおすすめします。

 

頬,毛穴,たるみ

更新履歴